2月 27, 2015

男性にとって、髪型はこだわるポイントになっている方も多いのではないでしょうか。人によっては頭髪を茶色や金色に染め、そのおしゃれを楽しんでいる方もいらっしゃるでしょう。そして、ワックスやジェルといった整髪料を使用している人口は、さらに多くなり、年々その数は増加しています。
しかし、これらのジェルやワックスといった整髪料は、基本的に髪の毛に良い影響を与えるものではありません。当然髪の毛に薬品を付けるという行為にあたるわけですから、それだけ髪の毛にダメージを与えているのです。そして、頭皮にとってもよくありません。ジェルやワックスに含まれる成分によって、頭皮の毛穴が塞がってしまい、髪の毛に十分な栄養素がいきわたらないといった問題にも発展します。そして、その髪の毛に栄養がいかない状態が長く続くと、やがて髪の毛は細くなり、男性型脱毛症の原因となってしまうこともあるのです。毎日きちんと頭をシャンプーで洗い、毛穴に詰まったそれらの成分を落としていくことである程度予防はできます。しかし、その際にきちんと洗い流せていないと今度はそのシャンプーやトリートメントの成分が毛穴に詰まり、また男性型脱毛症の原因となってしまうこともあるのです。
もしそのようなAGAの問題に悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、薬の服用によってその症状を緩和させることができるかもしれません。その薬にはロゲインといったものが主に使われていますが、そのジェネリック医薬品にツゲインというものがあります。ツゲインはロゲインに比べて価格も安く、買い求めやすいので個人輸入などによってこのツゲインを通販サイトを利用して手に入れている方もいらっしゃるようです。

若い男性にとって、髪型は自分なりのおしゃれを楽しむことができるポイントです。だからこそ、男性型脱毛症、いわゆるAGAに悩まされている方にとってはその問題は大変深刻なものとして扱われます。近年では、AGAの専門クリニックなども多数開業しているため、それらの治療を受けている方もいるようですが、そもそも髪の毛にダメージをあたえてしまう原因となっているのはどのようなものなのでしょうか。
たとえば、日ごろから整髪料として使っているワックスは、髪の毛にはあまり良いものではありません。ワックスなどの薬品を髪の毛につけるということは、それだけ髪の毛にとって良くない成分を付けているということになります。また、毛穴にとってもそれらの成分が詰まってしまうことがあるので、結果的に髪に必要な成分がいきわたらないという事態を招くこともあるのです。
毎日シャンプーなどできれいに洗っているとは思うのですが、大事なのはそのあとです。きちんと洗い流せていないと、結果的にそのシャンプーやトリートメントの成分が毛穴につまり、同じ現象が起きてしまう可能性があります。ですから、できる限りきちんと洗い流さなければなりません。
もし、AGA治療でロゲインのジェネリック医薬品であるツゲインを使用しているのであれば、可能ならばワックスとの併用は避けたほうがよいでしょう。AGA治療はその頭皮や周辺の再活性化を行うものですから、ワックスは避けたほうが無難といえば無難です。しかし、きちんと毎日きれいに頭皮を洗って、マッサージなどを行うのであれば、多少のツゲインとの併用は問題ないともいえるでしょう。ツゲインによる治療中も、毎日の生活があるわけですから、身だしなみに気を付けることも必要でしょう。